肌に優しいファンデーションを使おう【負担のないメイクアップ術!】

女性

肌荒れを防止

ニキビや肌荒れに良い洗い方について

洗顔

肌の調子が落ちてくると、ニキビや吹き出物、肌荒れなどを起こすことがあります。 美肌になるためにも、このような肌が弱っている時にはケア方法もシンプルにして、洗顔も泡を使わない水洗顔がおすすめです。 肌が弱っている時はスキンケアでも、美容成分をたくさん与えるのはかえって肌に負担になってしまいます。 また、潤いを洗い流してしまう泡洗顔は肌の乾燥を促してしまうので、肌に優しい水洗顔で、様子を見てあげるのが良いのです。 やり方はとても簡単で、32度から35度程度のぬるま湯で優しく洗顔するだけです。 皮脂やほこりなどの汚れはぬるま湯でも充分落とすことができて、肌の治癒力を高めて、美肌へと近づくことができます。 注意点としては、絶対に擦らないようにすることと、お湯の温度を高くしないことです。

話題の塩洗顔について

海外セレブが行なっていることでも話題になっていて、美肌になれると大評判なのが塩洗顔です。 塩にはミネラル分がたっぷりと入っていて、正常な皮脂を分泌させるのに役立ちます。 また、新陳代謝が活発になるので血行促進にも繋がり、活き活きとした美肌を目指す事ができます。 そして、塩の結晶が毛穴の奥の汚れをしっかりと落としてくれて、古い角質などもソフトに取り去ってくれます。 ミネラル分が豊富な塩は、肌に栄養を与えて毛穴の引き締め効果などもあります。 スプーンに1杯くらいの塩に少し水を混ぜて、それで洗顔するだけという簡単な方法です。 肌の弱い方はサラサラとした粒の小さい塩を用いれば、肌への刺激を減らすことができます。 ただし、やり過ぎは禁物で、週に1回程度が望ましいです。